開かれながら完成していく場所
何をしてもしなくてもいい場所

屋上は食べ物と飲み物があるところです。
ここでは、何かをしなきゃいけないということも、何かをしちゃいけないということもありません。
友人と会話を楽しむことも、本を読んで過ごすことも、何もせずただそこにいることもできます。
もし、屋上の場所を使ってやりたいことが浮かんだら相談してください。実現に向けて一緒に考えましょう。

【通常営業】

食べ物と飲み物があります。ふらっと立ち寄ってください。

【企画】

屋上でやりたいことがある人は、企画を持ち込むことができます。
それが実現可能かどうか、この場所で行うべきなのか、どうしたら最も良い形で実現できるのか、企画者と屋上メンバーが共に考え、意見を交換しあいます。
数日限定の飲食店、展示、パフォーマンス、制作物の販売、ワークショップ、勉強会など、様々な用途で使用することができます。

屋上は、変化し続ける場所です。
ここに集まる人たちで、考えて、つくって、見届ける場所です。
スナックとして使われていたボロボロの物件をボロボロのまま借りて、自分たちの手で空間を作っていきました。
オープンはするけれど、棚もテーブルも壁も未完成。まだまだやりたいこと、やれることが残っています。
来るたびに、見た目も中身も少しずつ変わっていくこの場所を、一緒に楽しんでもらえると嬉しいです。

【4月の営業】

4月のテーマは「歌」です。
楽しい時に歌うことも歌うから楽しくなることもどっちも本当です。
好きな時に好きな人と歌える世界で嬉しいなと思います。
4月の屋上はライブや歌会があります。
営業カレンダーは以下の通り。

【営業カレンダー】

twitterinstagramでも随時情報をお知らせします。

【4月の企画】

◉5日(金)19:00-23:00【ロースケイが歌ったり休んだり歌ったりする日】
マルチ音楽プロデューサー、ロースケイ(@rosskey)が歌ったり休んだり歌ったりする日です。
通常営業と同じように、19:00-23:00でお店を開けていますが、ロースケイの歌ったり休んだりしている時間は気まぐれです。

◉9日(火)時間未定【田上碧インドネシア報告会】
詳細後日

◉14日(日)19:00- 【屋上×浅草buttobi】
屋上はボロボロのスナックを自分たちの手でdiyして作ってきました。
この日は、ゲストに屋上が実店舗を持つ前の間借り店舗を貸してくれていた浅草buttobiオーナーを迎え、diyでお店を作ることについて話します。

◉20日(日)15:30-18:00【屋上と短歌】

「屋上歌会」という歌会を主宰されている山階基(やましな・もとい)さんと、屋上で歌会を行います。
歌会とは、短歌を持ちよっておたがいに読みあい、評しあう会です。
*歌会の流れpdfはこちら
参加者としても、持ち寄られた歌と解釈を楽しむオーディエンスとしても、どなたでも参加できます。
歌会の題(テーマ)は、「屋上」です。

*参加者(8人)・オーディエンス双方ワンドリンク必須
*参加者としてお越しいただきたい場合は、連絡先と自作の短歌を、4月7日(日)に屋上のsnsにて公表予定のフォームにご記入ください。(人数に達し次第応募を閉め切らせいただきます)
*オーディエンスは途中入退場可

◉21日(土)【読書の日】
みんなが本を読んだりできる日です。好きな本を持ってきて、飲み食いしながら各々好きなように読書をしましょう。

◉27日(土)、28日(日)時間未定【屋上蚤の市】
3人の人物がそれぞれのものを記憶や物語と共に販売します。

【いろいろなこと】

◉おたばこについて
屋上は全席禁煙となっております。おたばこは、携帯灰皿をお持ちいただき店の外の邪魔にならないところでお願いします。

◉予約について
貸切が必要なほどの人数の予約は受け付けておりませんが、テーブル席をおさえておく、というようなことはできます。2.3名でしたら、予約なしでも座れるかと思います。